<< 陽が差し込む季節 | main | シャネルっす >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
女王様
Vampire Diariesのエレナのことです。(スカパーですので、S5のストーリーはわかりません。)
原作では本当に女王様気取りのいけ好かない女の子らしいのですが、ドラマでは友達思いのいい子だったんですがねえ・・・。
ステファンへの思いはわかります。
わかりますし、ボニー始め、親友たちのエレナを思う気持ちも、アラリックやデイモンの気持ちもわかりますが、あまりにもエレナ中心過ぎやしませんか?と、ここに来て思うようになりました。
ドラマ相手に本気で突っ込んでも仕方ないのですがwww
エレナがステファンを救いたいと言えば、アラリックもデイモンも自分を捨てでも協力するわけです。
それを承知で無茶したのが先回。
今回は、クラウスが殺したはずのドッペルゲンガー(エレナ)が生きていることを察し、ミスティックフォールズをステファンを伴って襲来。
デイモンはエレナと距離を置きたいと街を出て行ってしまうし、クラウスには見つかるし、ステファンはクラウスの暗示で人間性をすっかり奪われ、エレナを襲うし。
そんなトンデモストーリーの中、デイモンに助けられ、キャサリンに騙され奪われたネックレスを取り戻してくれたのに、お礼もない。
それどころか、デイモンの不在を
「どこへ行ってたの?」
と、責める始末。
流石に、
「お礼もなし?」
と、seiさんとふたりで突っ込んでしまいましたw
デイモンも惚れた弱みとでも言うのでしょうか・・・・・エレナの為なら、どんな苦労も厭わないですねえ。
なんて良い吸血鬼w
そもそも、キャサリンに吸血鬼にされた時も血の欲望に抗えず殺人鬼に成り下がっていたのはステファンの方でした。
必死に人間性を保とうとしていたのはデイモン。
ある時、どこかで、何かのきっかけで立場が変わったようで、デイモン登場時は本当に手に負えない性悪吸血鬼という扱いでした。
ただ、端々にそれだけじゃないところを伺わせていたので、私は聖人君子ぶったステファンよりデイモン派でした。
ビンゴ!でしたね。
当初、ステファン派のフォロワーさんも「楓さんと言う通りだった」とデイモン派に参入(?)
着実にデイモン派が増えてますw

ところで、何百年にもわたりクラウスが逃げ回っているマイケル。
バルサザールじゃないですか!
もう、こんな役ばかりw

ちなみにバルサザールマイケルの役者さんはセバシュチャン・ロシェ。
フランス出身の俳優で、色〜〜〜〜んなドラマに出ています。
http://www.drillspin.com/person/view/ARDSAX075468


 
| 海外ドラマ | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://7of9.jugem.jp/trackback/1147
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

プッチーニ : 歌劇「トゥーランドット」(全曲)
プッチーニ : 歌劇「トゥーランドット」(全曲) (JUGEMレビュー »)
??(?),Ωη?,??,??(),åå(?),?(??),??(),(С),???С(??),(??)

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

We love YFE!!

New Album Available Now! YFE

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH